青ヒゲを薄くなくす方法

脱毛(除毛)クリーム

脱毛クリームという名称の物も見かけますが、
「除毛する」というのが正確な表現です。
クリームで毛を溶かして「取り除きます」

 

 

 

除毛クリームの仕組み

大半の除毛クリームには、アルカリ性の薬剤が含まれており、
その成分が毛(タンパク質)を溶かします。
溶かす=毛を取り除く=除毛

 

 

アルカリ性の薬剤は肌に刺激を与えるため、
人によっては肌荒れの原因となります
事前に必ずパッチテストを行います。

 

 

 

 

いきなり話の腰を折ることになりますが、
基本的にヒゲに(顔)使わない方が良いです
除毛クリームを販売しているメーカーも、
顔に塗ることを推奨していません。

 

 

 

私も個人的には、
除毛クリームでのヒゲ脱毛をおすすめしません。

 

除毛クリームをおすすめしない理由

@肌への負担が強い(物理的な痛みを感じる)
A永久脱毛出来るわけではない

 

肌への負担が強い

顔の皮膚は薄く、とてもナイーブです。
ほぼすべてのメーカーは、
顔にクリ―ムを使用することを推奨していません。

 

 

 

それは、つまり顔の皮膚が
除毛クリームの成分に耐えれないからです。
カミソリ負けしなくても、クリームでヒリヒリしていたら、
元も子もないですよね。

 

 

 

また、皮膚が刺激を受ける事で、
その部分が赤くなる可能性があります。
私も青ヒゲを薄くしたいと思い、
一度だけ使用したことがあります。

 

 

 

塗った瞬間に刺激を感じましたが、
気合いで耐えました。
そして、時間が経ち洗い流しました。

 

 

ある程度除毛出来ましたが、
使用料が少なかったせいか青ヒゲが残りました
そして、同時にヒリヒリ感がずっと続きました
化粧水を塗って、ローションを付けましたが、
しばらく痛みが続きました。

 

 

アイスノンで感覚をマヒするようにしていました。
合わない洗顔料を使った時のような
ヒリヒリする感覚に似ています。

 

 

 

永久脱毛出来ない

この理由が最も大きいです。
除毛クリームは、あくまで表面に見えている毛を
溶かすだけです。
毛根を破壊する力はありません

 

 

 

永久脱毛(毛の細胞を破壊)出来るのは、
あくまで医療機関のレーザー脱毛電気針脱毛です。

 

 

 

万が一、除毛クリームに永久脱毛の効果があるなら、
危険過ぎて一般では販売できません
誰がどういう目的で使用するか分からないため、
有資格者以外、取り扱いに規制がかかります。

 

 

 

当初は私も知識が無かったので、クリームを使用していました。
ただ、顔はとても痛くて耐えれないと分かりました。
残りは、すね毛や胸毛用途で使用しました。

 

 

 

もしかしたら、肌に優しい物を選べば、
効果が期待できるのかもしれません。
ただ、個人的には「永久脱毛の効果が無い」
と分かった時点で、魅力を失ってしまいました。

 

 

 

>>>脱毛費用のページに進む

 

>>>青ヒゲを薄くなくす方法≪清潔で若々しい見た目になりたい≫のTOPページに戻る