青ヒゲを薄くなくす方法

脱毛期間

鏡で鼻下や顎のヒゲを見るたび、
「このヒゲが無くならないかな」と思っていました。

 

肌が白いだけに青ヒゲが目立つし、
見れば見るほど自分を気持ち悪く感じます。

 

 

 

深剃りしても皮膚が薄いから青く見えるし、
カミソリ負けして血が出るし
私のように青ヒゲを薄くしたいと悩んでいる方は
多いと思います。

 

 

 

この状態を解消できるなら何でもしてやる!!
当時お金はありませんでしたが、
それ以上に青ヒゲの悩みは切実でした。

 

 

 

少しずつヒゲが濃くなってくるのがわかったので、
今すぐどうにかしたいと思うようになってきました。

 

 

そんな思いを胸に格安脱毛体験に参加しました。
話を聞く中で、ゴール(どういう状態になりたいのか)次第で、
脱毛期間が異なることが分かりました。

 

 

あくまで目安ですが、
以下は一般的に言われている脱毛回数です。

 

 

 光(フラッシュ)脱毛

ヒゲの状態 目安期間

ほぼ100%
(つるつるの状態)

2~3年

50%~70%程度
(ヒゲが半分以下になる)

1~2年

20%〜50%以下
(ヒゲ剃りが楽になる)

半年~1年

 

3つの中で最も痛みが少ない(効果が低い)ため、
期間が長くなります
ただし「痛みには弱いけど脱毛したい」という方には
光脱毛が良いと思います。

 

 

多くの口コミサイトを見てみると、
輪ゴム一本で弾かれたような痛みらしいです。
優しい痛みですね。

 

 

レーザー脱毛

ヒゲの状態 目安期間

ほぼ100%
(つるつるの状態)

1~2年

50%~70%程度
(ヒゲが半分以下になる)

8か月~1年

20%〜50%以下
(ヒゲ剃りが楽になる)

4か月~8か月

 

輪ゴム10本で弾かれたような痛みです。
また熱量が高いため、皮膚の近くに機器があると
熱さを感じることもあります。
ただ、部位によって感じる痛みが異なります
鼻下・唇の下はとてつもなく痛いです。

 

 

最もつるつるまでの時間が短く、
最短で脱毛したい人におすすめです。

 

 

 

電気絶縁針(ニードル)脱毛

ヒゲの状態 目安期間

ほぼ100%
(つるつるの状態)

1~2年半

50%~70%程度
(ヒゲが半分以下になる)

6か月~1年半

20%〜50%以下
(ヒゲ剃りが楽になる)

3か月~8か月

 

痛みは最強です。
とはいえ、近頃は技術も進歩しているため、
痛みも優しくなってきています。

 

そして、ほぼ確実に1本1本の毛根を破壊するため、
最も永久的に毛を処理出来る可能性が高いです。

 

 

 

○○円/本や○○円/分と料金設定されていることが多い。
通い始めは2週間~1か月の間で、集中的に脱毛したほうが良いです。

 

 

 

いずれの方法で脱毛したとしても、
半年以上はかかります。
私の場合は、青ヒゲが薄くなるまでに1年半以上かかりました。

 

 

正直ヒゲ脱毛は安くないです。
費用も時間もかかりました。
とはいえ、今ではすっかり薄くなったので、
とても満足しています。

 

 

 

>>>脱毛回数のページに進む

 

>>>青ヒゲを薄くなくす方法≪清潔で若々しい見た目になりたい≫のTOPページに戻る