青ヒゲを薄くなくす方法

脱毛回数

ゴールの設定次第で変わりますが、
青ヒゲを薄くするには、ある程度回数が必要です。

 

私はこれまで2つのクリニック(ニードルとレーザー)で
カウンセリングを受けたことがあります。

 

 

 

最初に施術してもらったのは“ニードル式”です。
その時は、
「個人差がありますので、一概には言えませんが、
約10数回程度は脱毛する必要がありますよ」
と言う説明を受けました。

 

 

 

実際に、10回~11回程度受けて、
ようやく半分くらいの薄さになりました。
1回あたり、45~60分でした。
分あたりでカウントされるため高かったです。

 

 

 

たしかに、以前と比べると青ヒゲは薄くなりましたが、
それでもまだまだ気になるレベルでした。
しかも、なまじ脱毛して薄く出来ただけに
もっと脱毛したいという気持ちになりました。

 

 

その後、1〜2年期間が空きました。
纏まったお金が必要だったので、
脱毛に使えるお金がありませんでした。

 

 

 

ようやく生活が落ち着き、お金を使えるようになりました。
次に選んだのは、レーザー式です。
理由は、ニードル式は痛かったのと
レーザーの方が費用が安いように感じたからです。

 

 

 

そのカウンセリングで言われたのが、
「最初の2~3回はすぐに生えてくると思います。
ただし、それ以降は脱毛の効果を実感できると思います」
でした。

 

 

順序が逆だったらどうなっていたのかわかりません。
ただし、ニードル、レーザーどちらの脱毛方法にしても、
ある程度脱毛回数が必要だと体感しました。

 

 

 

以下は目安ですが、各脱毛方法の回数です。

 

光脱毛

ヒゲの状態 脱毛回数

ほぼ100%
(つるつるの状態)

15~25回

50%〜70%
(ヒゲが半分以下になる)

10~18回

20%〜50%
(ヒゲ剃りが楽になる)

6~13回

 

出力が弱いため、効果が高くありません。
つるつるの状態にするには時間がかかります
ただし、3つの方法の中で最も痛みが少ないため、
脱毛の第一歩としてなら良いかもしれません。

 

 

 

レーザー脱毛

ヒゲの状態 脱毛回数

ほぼ100%
(つるつるの状態)

10~18回

50%〜70%
(ヒゲが半分以下になる)

6~12回

20%〜50%
(ヒゲ剃りが楽になる)

4~8回

 

光脱毛の半分程度の回数で脱毛効果が実感できます。
ただし、痛みも半端じゃないので気合が必要です。

 

私は「ヒゲをなくしたい!」と思いながらも
クリニック前は少し憂鬱でした。
なぜなら、痛いからです。

 

 

ニードル脱毛

ヒゲの状態 脱毛回数

ほぼ100%
(つるつるの状態)

20~40時間

50%〜70%
(ヒゲが半分以下になる)

10~22時間

20%〜50%
(ヒゲ剃りが楽になる)

5~13時間

 

分あたり、本数あたりでカウントすることが多いため、
その他の脱毛方法と単純な比較は出来ません。

 

また、ニードル式は、
施術する人の技術力が結果を左右します。
(上手い人は1分間に10本近く脱毛します)

 

 

 

どの脱毛方法を選ぶかは目的とお金と時間の兼ね合いです。
私個人的には、回数や時間の面からして、
レーザー脱毛が正解だと考えています。

 

 

 

>>>脱毛効果のページに進む

 

>>>青ヒゲを薄くなくす方法≪清潔で若々しい見た目になりたい≫のTOPページに戻る