青ヒゲを薄くなくす方法

脱毛効果

脱毛の効果は施術方法によって異なります。
それぞれ見ていきましょう。

 

 

光脱毛(フラッシュ脱毛)

原理はレーザー脱毛と同じです。
異なるのは、レーザーの出力値です。

 

照射力が弱い=効果が低いということです。
そして、光脱毛では永久脱毛(毛母細胞を破壊する)出来ません

 

 

 

どちらかというと、毛の色を薄くしたり、目立たなくする
という意味合いが強いです。
それ以外にも痛みが少ないというメリットがあります。

 

 

もともと光脱毛はシミ、そばかす、にきび等をとる
最先端のスキンケアです。
そのため肌を綺麗にする効果が期待出来るかもしれません。

 

 

近頃は機器の性能も上がって来ており、
最も技術的進歩のある脱毛方法です。
一度に広範囲にレーザーを照射するため、
表面積が広い箇所に向いています。

 

 

足とか腕とか背中とか。
ただ、青ヒゲを薄くする効果はあまりないと思います。

 

 

 

レーザー脱毛

出力が強いため、永久脱毛の効果が望めます
ただし、レーザーは黒い色に反応するため、
以下の毛には効果が出にくいです。

 

細い毛、産毛、色素の薄い茶色い毛です。
そして、白髪は色素を持たないため、効果がありません

 

 

 

皮膚が弱い人や極度の乾燥肌の人は、
レーザーの出力を下げて照射される可能性があります。
また、日焼け、ニキビや赤みがある人も、
肌が過敏に反応する可能性があります。

 

 

 

照射が弱い=脱毛効果が低いです。
そのため、施術前は、肌の状態を整えたほうが良いです。

 

 

また「痛い」と言ってしまうと、出力値を下げられるため、
最大限我慢したほうが、脱毛効果は高いです。
とはいえ、我慢しすぎると肌が火傷する可能性もあります。
バランスが大切です。

 

 

 

私は痛いとは決して言いませんでした。
青ヒゲをなくすことが出来るなら、痛みなんて我慢できます。
そう思っていつも受けていました。
ただ体は正直なので、自然と涙が出ていました(笑)

 

 

ニードル脱毛

一本ずつ処理するため、
白髪、茶色い毛、産毛すべての毛に効果があります
また、直接毛穴に電気針(ニードル)を差し込み
電流を流すため、日焼けしていても脱毛出来ます

 

 

 

ただし、1つ1つの毛穴に対して処理するため、
施術に時間がかかります。
また、本数or時間制で費用がかかるため、
トータル費用が高くなる可能性があります。

 

 

 

3つの脱毛方法の中で、最も歴史があり、
最も効果が期待出来る脱毛方法です。
その場で、毛根を焼いてピンセットで取り除きます。
時々、枕やベッドに残っているため、
処理後のヒゲを観察することが可能です。

 

 

 

脱毛後、すぐにつるつるの状態になるので、
目に見えて効果が実感出来ます
ただし、毛穴の一つ一つに対して処理するため、
広範囲の脱毛には向いていません

 

 

 

それぞれの脱毛方法には向き不向きがあります。
自分の目的に合った脱毛方法を選ぶことが、
大切になってきます。

 

 

 

>>>ヒゲを抜くのページに進む

 

>>>青ヒゲを薄くなくす方法≪清潔で若々しい見た目になりたい≫のTOPページに戻る