青ヒゲを薄くなくす方法

TBC千葉店に電気針(ニードル)脱毛を申し込みました

社会人になって3年目。
初めてこのタイミングでクリニックでヒゲ脱毛をしました

 

 

 

それまでは"毛抜き""ヒゲ剃り"の合わせ技で、
しのいでいました。
それでも、年々青ヒゲが濃くなるため、
ビジュアル的に厳しかったです。

 

 

 

クリニックに行ったきっかけは、
1,000円で脱毛出来る!と広告で見たからです。
申し込みをクリックするのに勇気がいりましたが、
これ以上は耐えれないと思い申し込みました。

 

 

 

日程と場所を選び、送信。
緊張しました。
同じページを15分くらい見ていました。
希望の日程で取れたので、ひとまず安心です。

 

 

 

そして、当日はヒゲを数ミリ程度生やしてきてください
という連絡がありました。
もしくは、当日の朝ヒゲを剃らずに来てください
だったかもしれません。
その辺は少し曖昧です。

 

 

 

ヒゲを剃らずに電車に乗るのはかなり嫌でしたが、
仕方ありません。
脱毛前はマスクをつけて外出する人が多いそうです。
気持ちは分かります。

 

 

 

私が初めて行ったのは、千葉駅近くの店です。
商業ビルの中にありました。
近くまで来たときに緊張しました。

 

 

でもここまで来たらやるしかありません。
そう自分に言い聞かせて、中に入って行きました。

 

 

 

出迎えてくれたのは、男性の方でした。
エプロンのような制服でした。
見た目は明らかに若くヒゲがまったくありませんでした
この方も自身の店舗で脱毛されたそうです。

 

 

 

施術を始める前に色々と説明を受けました。
毛周期の話。埋もれ毛の話。ヒゲ脱毛の期間。
脱毛費用。脱毛回数。
効果が表れるにはある程度時間がかかること等。

 

 

 

そして、印象的だったのが、痛みについてでした。
頬、首、顎などはそれほど痛くありません。
ただし、鼻下は神経が集中しているためとても痛いです
という説明でした。

 

 

これは本当でした。
実際に体感してわかりました。
マジで痛いです。

 

 

 

1,000円のお試しコースは10分間だけです。
スタッフに奥の部屋へ案内されました。
壁で部屋が仕切られていました。
入口はカーテンで閉じられています。

 

 

 

案内された後「ベッドに寝転んでいてください」
と言われました。
そのあと、スタッフは一度カーテンの外に行き、
カメラを持って帰ってきました。

 

 

 

「撮ってもよいですか?」
と尋ねられたかは覚えていません。
ただ、何枚かアングルを変えて撮影されました。
嫌なのですが、Before/Afterを理解するためです。

 

 

 

そのあと、再度カメラを外に置きに行きました。
そしてまた帰ってきました。

 

 

 

>>>電気針(ニードル)脱毛を体験しましたのページに進む

 

>>>青ヒゲを薄くなくす方法≪清潔で若々しい見た目になりたい≫のTOPページに戻る