青ヒゲを薄くなくす方法

頬のヒゲ

「モミアゲ」と「ヒゲ」の境界線が分からない。
時々そういう人を見かけます。
ルパンとか、銭形警部とか、、
アニメならそれなりに様になります。

 

 

でも、現実世界ではあまり格好良く感じません。
何というか「毛深い」だけの印象です。

 

 

私は幸いにも頬ヒゲは多くありません。
モミアゲもそれほど長いわけではなく、普通です。
 

 

ただ、何本か濃いヒゲが生えているので、
気になっていました。
とくに、私は皮膚が薄く血管が浮き出ているため、
ゴマ粒のように目立ちます

 

 

 

顔の部位では、面積が広いため、
カミソリの刃が入れやすいです。
そして、鼻下、口周りや顎のヒゲは剃りづらいため、
時間をかけて剃っていました。

 

 

 

頬は刃が入りやすいため、
少し疎かになりがちでした。
ただし、思わぬ剃り残しが有ったりして、
青ヒゲの原因になっていました

 

 

 

頬ヒゲは顔の輪郭を決定する要素です。
この部位が黒いと顔のトーンが暗く見えます。
こけているような、やつれているような、
不健康な印象を与えてしまいます。

 

 

 

また、モミアゲ付近のヒゲは、
正面から見てもそれほど目立ちません。
日常生活では、どちらかというと正面よりも
横顔を見られることの方が多いです。

 

そのため、ココのヒゲの有無や形によって、
相手に与える印象が変わります

 

 

 

「頬ひげ」の有名人といえば、
TVシリーズ放映中の「ルパン三世」です。
彼のような立派なヒゲならば、
キャラクターが立って納得するかもしれません。

 

 

 

ただ、現実の自分はそうではありませんでした。
見た目に青くて不潔です。
かなり残念な様子だったと思います。
そして、手で触った時のチクチクが最高に嫌でした。

 

 

 

皮膚が汚く見えるし、
ひげ剃りに失敗して肌が傷つくし。
触るとジョリジョリするし。
脱毛して正解です。

 

もみあげと髭の境界線

理容業界では、以下のように定義しています。

 

顔の一部を標準線の目安にする

 

これにより、誰でも「もみあげと髭」を
明確に区別できるようにしました。

 

 

ちなみに、もみあげと髭の境界線は「耳」です。
”耳たぶから鼻に向かって引いた線”が
境目になります。
この定義により、
もみあげと髭は明確に区別されるようになりました。

 

 

 

>>>顎のヒゲのページに進む

 

>>>青ヒゲを薄くなくす方法≪清潔で若々しい見た目になりたい≫のTOPページに戻る