青ヒゲを薄くなくす方法

3回目の電気針(ニードル)脱毛

今回が3回目の脱毛です。
前回の経験から分かったことがあります。
脱毛しない部位はヒゲを剃っても良いということです。

 

 

 

今回は鼻下ではなく、顎下や首を脱毛する予定だったので、
鼻下や頬のヒゲは剃っていきました。
残念ながら、1か月経つと元通りの青ヒゲに戻っていたため、
また鏡を見てガッカリする自分がいました。

 

 

ただ、前回の脱毛で確実に薄くなった自分をイメージ出来たので、
やる気は上がっています。

 

 

 

今回はマスクをつけてクリニックに向かいました。
季節は秋(10月中旬)なので、
別にマスクをつけていても不思議ではありません。
これが夏だと変質者のように見えたかもしれませんが、
季節的に違和感がありませんでした。

 

 

 

クリニックに入る前に、
前回同様にトイレで身だしなみを整えました
マスクをトートバックにしまいました。

 

 

そして、いぜクリニックへ。
受付は茶髪のお姉さんでした。
メンバーカードを提出し、待合室で待ちます。
いつも大体5分以内に名前を呼ばれます。

 

 

 

今回脱毛をしてくれるのは、
前回よりも年上のお姉さんでした。
気が強そうな姉御的な感じの方でした。

 

 

 

今回はどの部位を脱毛しますか?
と尋ねられました。
「顎下と首です」と答えました。
口回りや頬は剃ってきているので、
今回は脱毛したくても出来ません。

 

 

 

部屋に入ってから、ベッドに横になりました。
いつも通りカメラで数アングル写真を撮られました。
そして、また戻ってきました。
目隠しをされて、いよいよ脱毛スタートです。

 

 

 

「では始めますね〜」
という声とともに脱毛が始まりました。

 

 

 

「ピッ!」と同時に「チクっ!」という痛みを感じました。
ただ、あまり痛くありません
前回の鼻下の1発と比べると、かなり軽いです。
「これは楽勝だ!」
そう思いました。

 

 

 

えらの辺りは「チクっ!」と鋭い痛みを感じましたが、
それ以外は問題ありません。
余裕で耐えられます。
首も多少チクっとしましたが、余裕でした。

 

 

鼻下、口周り、頬、えら、首下。
同じヒゲ脱毛でもパーツによって、
ここまで感じる痛みに差が出るのかと感じました。

 

 

 

今回も60分くらい脱毛してもらいました。
表面の毛が7割くらい減りました
間引きするような感じなので、
一度にすべての毛を脱毛するわけではありません。
時間をかければ可能でしょうけど、
脱毛の位置が近いと皮膚へのダメージが大きくなります。

 

 

 

脱毛が終了した後は、熱を冷まします。
柑橘系の香りがする(化粧水を含んだ)シートを
脱毛箇所に当ててケアしてもらいました。
冷たくて気持ち良いです。
なんか癒される感じがします

 

 

 

そのあと、支払いをすませました。
そして、次の予約を2週間後に取りました。
顎下と首は今回やってもらっているため、連続では出来ません。
鼻下と口周りです。

 

 

 

毛周期の関係で一度脱毛した後は、
次の毛が生えそろうまで一定の時間がかかるようです。
私は4~6週間程度だと教えてもらいました。

 

 

 

>>>4回目の電気針(ニードル)脱毛のページに進む

 

>>>青ヒゲを薄くなくす方法≪清潔で若々しい見た目になりたい≫のTOPページに戻る