青ヒゲを薄くなくす方法

5回目の電気針(ニードル)脱毛

今日もいつも通り10分くらい前にクリニックに着きました。
まずはトイレで身支度を整えます。
そして、いざクリニックへ。

 

 

 

受付の女性は黒髪の大人しそうな感じの方でした。
クリニックの女性は茶髪が多いと勝手に思っていましたが、
そうではありませんでした。
メンバーカードを渡して、いつも通り待合室で雑誌を読んでいました。

 

 

 

自分の名前が呼ばれたので、立ち上がり、
スタッフの後に付いて部屋に向かいました。
今日は男性のスタッフです。
ヒゲが生えていて凛々しい感じです。

 

 

 

私は勝手に全員脱毛してツルツルだと思っていましたが、
適度にヒゲが生えている人もいて驚きました。
その人は店長のようです。

 

 

 

そして、いつも通りベッドに横になっていると、
カメラを持って帰ってきました。
数アングルから写真を撮られました。
そして、目隠しをされ、脱毛の開始です。

 

 

 

今日も鼻下と口周りです。
やはりこの箇所が青ヒゲとして目立つため、
何としかしたいです。
「ピッ!」という音と共に「チクっ」とした痛みを感じました。

 

 

 

最初は口の端からスタートします。
そして徐々に中心に向かって脱毛していきます。
痛さに慣れるためだと思います。
とはいえ口の端でも十分痛いです。

 

 

 

さすが店長です。
姉御も上手でしたが、店長は同等かそれ以上です。
最初に「痛かったら言ってくださいね」
と言われました。

 

 

 

ただ私は「痛い」と言いません。
言えば、照射レベルを下げられてしまうので、
脱毛効果が下がります。
それでは意味がありません。
費用対効果を考えると、我慢です!
少ない回数で最大限の効果を発揮したいです。

 

 

 

ピッ、ピッ、ピッ、ピッ!と連続で打っていきます。
鼻下付近を連打された時は、
「涙がジワッ」と出ましたが我慢です。
ここで声を上げたり、大きなリアクションをとると、
ペースが鈍ります
我慢だ我慢!
自分に言い聞かせました。

 

 

 

鼻下付近に近づいてくると、
「来たっ、来たっ」と感じて、体が硬直します
おそらく脂汗が顔から出ていると思います。
自分でも体が痛みに反応しているのがわかります。

 

 

 

そして、鼻下と口周りが終了しました。
約55分でした。
タイマーでしっかりと記録しています。
そこで「どうされますか?顎下や首も脱毛しますか?」
と尋ねられました。

 

 

それってありなんだ!と思い
「はいお願いします」と答えました。

 

 

 

それから顎下と首を脱毛してもらいました。
合計90分です。
脱毛箇所全体が赤くなりましたが、
表面上のほとんどの毛が脱毛出来ました!

 

 

 

鏡を見て、白い肌が見えていることに嬉しくなりました。
多少肌はボコボコしていますけど(笑)
支払いを済ませて、次は6週間後に予約をしました。
今回で5回目(実質は4回目)なので、
多少全体のヒゲの量が減った感じがします。

 

 

この時点で全体の15%くらい減りました
「薄くなってる!」
そう感じて嬉しくなりました。

 

 

 

次回は肌を労わるためにトリートメント
を進められました。
よくわかりませんが、脱毛の前に行うことで、
肌の潤いが向上するようです。
トリートメント+脱毛で予約しました。

 

 

 

>>>脱毛後の自宅でのケア方法のページに進む

 

>>>青ヒゲを薄くなくす方法≪清潔で若々しい見た目になりたい≫のTOPページに戻る