青ヒゲを薄くなくす方法

脱毛後の自宅でのケア方法

脱毛後は肌が傷ついています
そのため、脱毛してから3日間は
市販の化粧水や洗顔料を使わないように言われました。

 

 

TBCはそのあたりもしっかりとビジネスに組み込んでおり、
ケア用品も充実しています。
化粧水(脱毛箇所をケア用)、洗顔料(ポンプ式)、
コットン(化粧水をしみ込ませるため)
保湿用の化粧水、等などを購入しました。

 

 

 

脱毛した日を起点に、
1日10分×3セットは化粧水をしみ込ませたコットンを
脱毛箇所に当ててケアします
コットンに霧吹きみたいな容器に入った化粧水をしみ込ませ、
脱毛箇所に貼り付けます。

 

 
20cm×20pくらいの大判のシートを
各パーツに合わせて大きさにカットします。
(鼻下、顎、唇の下、頬、えら等)

 

 

手で触った感触は、発泡スチロールみたいです。
手でも容易に割くことが出来ます。

 

 

少なすぎるとダメなので、肌に引っ付くくらい
粧水を染み込ませる必要があります。
10分程度すると揮発して乾いてきます。
連続で3セットやってもよいし、
間をおいてもかまいません。

 

 

私は面倒臭がりだったので、
一度に3セット済ませていました。
寝転んで漫画を読んでいました。

 

 

 

そして、洗顔も専用の物を使います。
3プッシュして脱毛箇所に泡を載せて洗います
たしかにこの泡で洗うと染みません
その後、ぬるま湯で泡を洗い流します。
脱毛箇所はタオルで水気を吸うようにして、
擦り付けないようにします。

 

 

肌への刺激を考えると、
あながち間違いではないと思います。

 

 

 

そして、専用の化粧性をつけます。
うろ覚えですが、保湿するために、
乳液もつけていたと思います。

 

 

脱毛後はいつもこういうケアをするように言われていました。
実は以前うっかりして市販の物で洗顔したことがあり、
ヒリヒリした経験をしています。
化粧水も市販の物はジリジリと染みたので、
肌が敏感になっているのを感じました。

 

 

 

このサイクルを最低3日間行います。
それ以降は肌が通常の状態に戻っているため、
市販の製品で対応することが可能です。

 

 

>>>トリートメントと6回目の電気針(ニードル)脱毛のページに進む

 

>>>青ヒゲを薄くなくす方法≪清潔で若々しい見た目になりたい≫のTOPページに戻る