青ヒゲを薄くなくす方法

7回目の電気針(ニードル)脱毛

今日はいつもと体調が違います。
不注意で指をケガをしたため、その箇所がジンジンと痛んでいます
血豆が出来て、見た目に痛そうなのがわかります。
ただ、脱毛はしたいので、向かいました。

 

 

いつもは自分の青ヒゲが気になるのですが、
今日は痛みでそれどころではありません
クリニックに着いて、自分の番が呼ばれるのを待っていました。

 

 

 

今日は姉御でした。
友人として付き合いたいとは思いませんが、
脱毛するパートナーとしては最高です(笑) 

 

 

部屋に案内されて、ベッドに横になります。
写真撮影が終わりアイマスクを装着しました。
7回目の脱毛がスタートしました。

 

 

 

この時も指がジンジンと痛んでいます。
まずは頬の毛を脱毛してもらいました。
「ピッ!」と共に「チクッ!」という痛みを感じました。
ただ、痛みは確かに感じるのですが、
それほどその点に意識(痛み)が集中されません

 

 

 

頬の毛は少ないため、口周りにシフトしました。
「ピッ」という音の直後に「チクっ」という痛みを感じました。
「あれ?この箇所でもそれほど痛くない!」
今日は感覚が鈍いのかなと感じました。

 

 

 

いつもなら意識が脱毛されている箇所に集中するのですが、
今日は散漫です。
そして、徐々にニードルが鼻下に近づいてきました。
「ピッ!」と同時に「ヅーン」という痛みが来たのですが、
いつもより明らかに痛さに対して鈍いです

 

 

 

「おぉ!今日は余裕で耐えられる!」
そう感じました。
どうやら、指の慢性的な痛みに意識が向いているため、
脱毛の痛みが相殺されているようです。
これは意外な発見でした。

 

 

 

「怪我の功名」と言えるかどうかわかりませんが、
今回は楽勝でした。

 

 

脱毛が一通り終わった後に「大丈夫でしたか?」
と姉御に尋ねられました。
「指が痛くてそちらに意識が向いていたので、
脱毛の痛みをあまり感じませんでした
と答えました。

 

 

 

「そうだったんですね」
と姉御も笑っていました。
姉御の脱毛は久しぶりだったので、
彼女自身、心配だったのかもしれません。

 

 

 

鏡で自分の姿を見て、
薄くなっているのを実感しました。
白い肌が見えています。
ただ、顎、顎下や首はまだもっさり生えています
特に顎下。

 

 

これらも同時にやりたいのですが、
使える脱毛費用が限られているため、まずは鼻下と口周りです。

 

 

 

そして、今日が千葉支店で受ける最後の日でした。
なぜなら、転勤で本社勤務に変わったためです。
TBCは全国展開しているため、
こういう時に困らないのが利点だと感じました。
とはいえ、転勤場所は東京ですけどね。

 

 

 

手続きをしてもらい、場所は錦糸町にしました。
次からは、新しい店舗で脱毛です。
と同時に、引っ越しや引継ぎがあるため、
次の予約は2か月先にしました。

 

 

 

>>>今日からTBC錦糸町店ですのページに進む

 

>>>青ヒゲを薄くなくす方法≪清潔で若々しい見た目になりたい≫のTOPページに戻る