青ヒゲを薄くなくす方法

顎のヒゲ

顎髭は鼻下同様に、
毛の生えている密度が高い部位です。
ここにヒゲが生えている人と言えば、
山男や明治時代の日本人というイメージがあります。

 

 

 

私も顎ヒゲが目立っていたので、
念入りにヒゲを剃っていました。
形状的に非常にヒゲが剃りづらく、
剃るまでに時間がかかっていました

 

 

 

このあたりは毛の量が多いです。
少しでもヒゲを薄くしようと
深剃りして頑張っていました。
ただし、剃っても青ヒゲになりやすく
カミソリ負けしやすい部位でもありました。

 

 

 

何度かヒゲ剃りに着いたシェービングフォームが
赤くなっていたことがありました。
痛みはあまり感じず、
それを見て切れた事を実感していました。

 

 

 

ココにヒゲがある場合、上方向に対して
顔を引き上げる効果があります。
ヒゲの生やし方によっては、
小顔に見せられるという事です。

 

 

街中ではむしろその逆で、
顎ヒゲのせいで、顔が大きく見える人が多いです。

 

 

 

ただ、私にとっては、
小顔に見せるよりも清潔に見える事が大切です。
若く見られることの方が大切です。
他人の目が気になります。

 

 

 

当時はヒゲを抜いていたこともあったので、
埋もれ毛になって余計目立っていました。
また肌が白いため、明暗がハッキリとわかり、
青ヒゲが強調されていました

 

 

 

強迫観念のように、青ヒゲの自分が、
醜く、気持ち悪いと感じます。
「薄くしたい」「なくしたい」
そうずっと感じていました。

 

 

 

そして、ここのヒゲをなくすことで、
朝の準備が随分楽になりました。
2分=>30秒まで時間を短縮できました。

 

 

また、ヒゲが少なくなったので、見栄えが良くなりました。
物理的な余裕ができたのと同時に、
精神的な満足も得ることが出来ました。

 

 

どこに部位にも言えることですが、
私にヒゲは必要ありません。

 

 

 

>>>ヒゲが濃い4つの原因のページに進む

 

>>>青ヒゲを薄くなくす方法≪清潔で若々しい見た目になりたい≫のTOPページに戻る