青ヒゲを薄くなくす方法

9回目の電気針(ニードル)脱毛

前回の経験から、人通りが多いため、
時間が掛かることが分かりました。
10分前に着くように寮を出発しました。
Lotte City Hotelの近くに自転車を止めて、
館内に入っていきました。

 

 

 

今回もホテルの宿泊客(受付を済ませて部屋に帰る人達)
と同じタイミングでエレベーターに乗りました。
途中で降りるわけにもいかないので、
目を合わせないようにして7Fで降りました

 

 

 

受付は前回と同じお姉さんでした。
メンバーカードを提出し名前が呼ばれるのを待っていました。
すぐに呼ばれて、部屋に案内されました。
前回とは別の方です。

 

 

 

ベッドで横になって待っていました。
TBC内では、音楽が流れています。
今まで音楽が流れていることは知っていましたが、
ほとんど意識していませんでした。

 

 

 

約30秒後にカメラを持って帰ってきました。
数アングル写真を撮ってもらった後、
アイマスクを装着です。
いよいよ9回目の脱毛がスタートします。
今回は鼻下と口周り+顎です。

 

 

 

顎は前から見てヒゲが密集しているため、
ちょっと目立ってきました
そのため、密度を下げる必要があります。

 

 

 

「ピッ!」という音と共に「チクっ」とした痛みを感じました。
いつも通り口の端からです。
最初のほうと比べて青ヒゲ度合いが下がってきたので、
脱毛も早いです。
体感出来るのが嬉しい点です。

 

 

 

そして、ニードルは鼻下に近づいてきました。
いつも通り「るろうに剣心のセリフ」を思い浮かべ、
気迫で耐えていました。
「ピッ!」「ヅーン」
「ピッ!」「ヅーン」
「ピッ!」「ヅーン」
「ピッ!」「ヅーン」
・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

とはいえ、鼻下を連打されるとヤバイです
痛いです。
涙が出ます。
自分の意志とは関係なく勝手に滲み出てきます

 

 

 

「拷問されている人はこういう心境なのかな?」
とか想像していました。
私の場合は薄くしたいという願望からなので、
不条理な痛みとは違います。

 

 

 

ただ、我慢できるとはいえ痛いものは痛いです。
私に出来ることは、相手の作業を滞らせないように
ただ黙って、ひたすら打たれるだけです。
耐えるように自分に語りかけます。

 

 

 

合計で約50分でした。
次は、脱毛箇所を冷やします。
シートから柑橘系の香りがして、
とてもさわやかな気持ちになります。

 

 

 

手鏡を見せてもらい、出来栄えを確認しました。
多少皮膚が赤くなり、ボコボコになっていますが、
しっかりと脱毛されています
サービスで顎下もやってくれてもよいのにな
等と思いながら、鏡を見ていました。

 

 

 

今回の方は普通でした。
前回の方よりかは良かったです。

 

 

支払いを終えた後、残高を見てみると、
残り4万円を切っていました
次で最後だな。
まだ途中なのですが、仕方ありません。

 

 

続行するかどうかは、目標までの状況を確認してからです。
次回の予約は同じく6週間後にしました。

 

 

 

>>>10回目の電気針(ニードル)脱毛のページに進む

 

>>>青ヒゲを薄くなくす方法≪清潔で若々しい見た目になりたい≫のTOPページに戻る