青ヒゲを薄くなくす方法

10回目の電気針(ニードル)脱毛

現状ローンで脱毛をしている状態です。
そのため、これ以上の追加は厳しいと判断しました。
残念ですが10回目の今日が最後です。

 

 

 

受付でメンバーカードを提出して、
自分の名前が呼ばれるのを待っていました。
担当は前回と同じスタッフでした。
「この人が最後の人か」
と思いながら、付いていきました。

 

 

 

特に何も期待せず、脱毛がスタートしました。
鼻下、口周り、顎です。
「ピッ!」と共に「チクっ」とした痛みを口元に感じました。
もちろん青ヒゲは嫌です。

 

 

 

ただ、脱毛って痛いんですよね。
この痛みから解放されると思うと、
ちょっとホッとしている自分がいます

 

 

 

そして、鼻下です。
来た来た来た!
ピッ、ピッ、ピッ、ピッと連続で打っていきます。
両手に力が入ります

 

 

 

痛みに耐える時って、掌に力が入ります。
太もも付近で握り拳を作り、
この痛みに耐えていました。

 

 

 

「人によっては、痛くて途中で手をあげて、
STOPする人もいますよ」
特に鼻下は痛いですからね
と以前スタッフと会話したことを思い出しました。

 

 

 

もしも時間制じゃなければ、
私もストップしていたかもしれません。
でも、逐一ストップしていたらお金が勿体ないし、
照射レベルを下げられたら脱毛効果が下がります

 

 

 

これだと何のために脱毛しに来ているのか分かりません。
目的は薄くすることです。
「痛くても耐えろ!」
そう自分に言い聞かせていました。

 

 

 

色々考えているうちに鼻下の攻撃は終わりました(笑)
そして、鼻下の次に痛いのが、下唇の下です。
ここもビックリするくらい痛いです。

 

 

 

ただ、ここにヒゲが生えていると気持ち悪いです。
不潔だし、なんか生理的に嫌です。
「痛い」=「ヒゲが薄くなっている」
と実感してこの状況に対処していました。

 

 

 

合計で50分脱毛してもらいました。
脱毛箇所を冷やすために、
化粧水を含んだシートを肌に乗せてもらいました。
クールダウンが済み、手鏡を渡されました。

 

 

 

顎のヒゲも減っています。
一応見える毛はすべて取り除いてくれています。
とはいえ、また1か月したら生えるんだろうな。。。。
そう思いながら、今はこの瞬間の自分に満足していました

 

 

 

カード残高が足りなかったので、クレジットで支払いました。
継続の勧誘を受けたのですが、
きっぱりと断りました。
したいのですが、ローンを払い終えるのが先です。

 

 

 

これまでの成果として、
鼻下は約50%くらいになったと思います。
口周りも50%くらいになったと思います。
顎、顎下、首は20〜30%くらいです。

 

 

まだ自分のゴールまで遠いのですが、
いつかお金に余裕が出来るまでの我慢です。

 

 

 

>>>TBCのメリット・デメリットのページに進む

 

>>>青ヒゲを薄くなくす方法≪清潔で若々しい見た目になりたい≫のTOPページに戻る