青ヒゲを薄くなくす方法

濃いヒゲの対策

ヒゲを薄くしたい
毎朝、ヒゲを剃るたびに願っていました。

 

 

鏡に映る自分の鼻下、顎、唇の下、頬、首。
そのヒゲを見て、ウンザリする自分がいます。
しかも朝は肌が乾燥しているため、
余計に髭面の自分が汚らしく見えました。

 

 

一度「ヒゲが濃い」と思い込むと、
どうしても自分がヒゲが濃い人間に思えてしまいます
(確かに薄くはないんですが・・・)
自分は、ヒゲが濃い人として周囲から見られている
と勝手に感じていました。

 

 

 

色々調べた中で、
有効な手段が分かりました。

 

 

濃いヒゲの対策

@正しくヒゲを剃る(または複数回剃る)
ACCクリームを塗る
B毛抜きで抜く
C脱毛する

 

@正しくヒゲを剃る(または複数回剃る)

私は勝手に深剃りすることで、
ヒゲが目立たなくなると考えていました。
物理的に考えてみても、
短い方が表面に見えているヒゲの面積は減ります。
あながち間違っていないと思います。

 

 

 

基本はT字カミソリで剃っていましたが、
反対に持ち替えて、逆剃りしていました。
ヒゲが生える方向と逆から剃ることで、
より多くヒゲを剃れると考えたからです。

 

 

ただし、肌への負担が大きく(角質を削るため)
血も出るため逆効果だと気付きました。
軽く当てるように剃るのが良いことが分かりました。
また、ヒゲ剃り後はローションや乳液を塗り、
肌を保護するのも大切です。

 

 

 

ACCクリームを塗る

ヒゲが濃く見えるのは、肌の色が薄く
コントラストが分かりやすいからです。
そのため、肌の色調を整えてくれるCCクリームを塗ることで、
ヒゲの箇所を目立たなくすることが出来ます。

 

 

 

CCクリームとは、メーカーにより定義は様々ですが、
「コントロールカラー」や「カラーコンディション」です。

 

 

B毛抜きで抜く

私も大学生の頃からヒゲが目立ち始めたので、
気になる箇所を抜いていました。

 

 

毛抜きで抜くと、一時的に黒いのが無くなります
(たまに残る時もありますが)
抜いた後に肌が赤くなることもありますが、
見た目は明らかにヒゲの絶対量が減ります

 

 

 

手で肌を触っても、
ヒゲ剃り後のようなジョリジョリした感触はありません。
これが永久に生えてこないのなら、良いのですが、
また数日すると別の毛今からまたヒゲが生えてきます。

 

 

埋もれ毛の原因になったり(皮膚内でヒゲが成長すること)
大人ニキビの原因になります。
そのため、この技が使えるのは、せいぜい20代までです。
30代以降になると肌へのダメージが顕著になるため、
オススメしません。

 

 

 

C脱毛する

結論を言うと、脱毛が最も良い方法です。
私は、フラッシュ脱毛を経験したことがありません。
レーザーと電気絶縁針(ニードル)脱毛の2種類です。
どちらが良かったという話は別の記事で説明します。

 

 

 

一度脱毛した個所は、
よほどのことが無い限り生えてきません。
1度や2度の脱毛では、それほど効果は実感しませんが、
回数が増えると明らかに減ったのを実感できます

 

 

 

基本的に、最初に費用の大半(もしくはすべて)を支払うため、
一時的な支出は大きいです。
ただし、費用対効果で考えると安いと個人的には感じています。

 

 

 

 

>>>青ヒゲの解消方法のページに進む

 

>>>青ヒゲを薄くなくす方法≪清潔で若々しい見た目になりたい≫のTOPページに戻る